スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢りか『カツ婚! 恋に喝!編』


カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC)カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC)
(2012/08/10)
米沢 りか

商品詳細を見る

『30婚』とかいて「みそこん」とよむのだそうで。
そのタイトルのマンガのスピンオフだそうですが、
そもそもそれをよんだことがなく、まったくのジャケ買いです。
イヤちがう、正確には裏表紙のコピー買い。

男はなぜ
ひき肉料理が好きで、フルーツの皮をむかなくて、
個性的なファッションの女性が嫌いで、
7割くらいの女性とならわりと結婚してもいいと思っていて、
ソファーで眠っているのを起こすと腹を立てて、
サプライズのプレゼントをしたがって、
ペットを飼っている女性を敬遠し、
感情が乱高下する女性をバカにするのか?
この本ですべてわかります!


えっ…お、男ってそういうものなの…?
なにぶんそういうラブ系統の経験値がひくいもので。
いくつか検証してみましょうか。

【男はひき肉料理が好き+フルーツの皮をむかない】

(p27)
「男が好きな料理」とは?
1.女がめんどうな部分を全部やってあげたもの
 ・ひき肉料理 ・フルーツの皮むき
2.未来の健康より、目の前のわかりやすいおいしさ
 ・甘辛くてごはんがすすむ味つけ
〈結論〉男の胃袋をつかむには「甘辛いひき肉料理」これ最強!!


ひき肉は…ああ、たしかにつかわないなあ。
というより最近は、肉そのものを料理につかわない、たべない。
や、べつに「ベジタリアンにおれはなる!」と宣言したわけじゃなく。
飲み会などで肉料理がでたときは、ほどほどにたべていますが、
ふだんじぶんでつくるぶんには、んーいらないなーって感じ。

フルーツは…そういつも買っているわけではないけど、
残留農薬の心配もあるので、リンゴの皮はむいています。
ミカンやナシはじぶんでむきますね。ひとり身だし。

甘辛い料理。
例としては、ハンバーグ、とりだんごなべ、ひき肉とカボチャの煮物。
まあすきっちゃすきだけど、力説してだいすき!というほどかなあ?

「男って味覚が保守的だからな〜」(p24)
あ、それはある。
うまくいった味つけは、極力かえずにつくっていますね、そういえば。
たまにはしょうゆとまちがえてソースをつかって、
サルサ風肉じゃがを開発するような実験をしなきゃダメですかね。

【男はソファーで眠っているのを起こすと腹を立てる】

すみません、ぼくの部屋にソファーなんてハイソなものはないっす…。
それはさておき、このはなしのポイントは、
「男は本当のことを言われるとムッとする/認めない」ということ。

母親が「勉強しなさい」といったために、
「ああもうやる気なくした」という例は、まさにそれ。
「いまやろうと思ってたのに!」ってプチギレした経験ありますよね?
ではなぜ、男はそういう態度をとるのかというと。

(p58)
男は 自分の手間を省いてもらうことで
「愛されている」と思う生き物なんですよ
女が「好き」「あなたがいかに必要か」と言葉で伝えるより
男の手間を省いてあげたほうが 男はなついてくれる

男が「愛されてない」「冷たい」と女に思うのは
自分にかけてくれる手間を省かれた時
気持ちよくうとうとしてるのに「移動しろ」と手間を増やされた
そのせいで認めないんですよ


このポイント、さっきとりあげた、
【男はひき肉料理が好き+フルーツの皮をむかない】と、
リンクしているところですね。
つまり、
男はめんどうなことをしたくない=じぶんの手間をはぶきたい。

こういうふうに本書では、
ひとつのポイントについて1エピソードでおわらせるのでなく、
以前にふれた内容をあとの話数で何度もだしてきて、
「これおしえたよね?おぼえてる?」と復習する構成になっています。

「大事なことなので二回言いました」というアレですね。
(あいだをおいて)くりかえすことで、ただよみとばすのでなく、
要点をしっかりおさえて、よみすすめられるわけです。

オビでは本作を「恋愛レシピ」と形容していますが、
むしろ教科書、というか参考書にちかいかも。
恋愛・結婚のことだけじゃなく、
おおよその人間関係においてもつかえるものがおおいです。

(p110)
友だちでも仕事でも男女でも
「自覚はないのに相手をふきげんにしてしまう」
「よくしてあげてるのに感謝されない」
◯手間をかけてあげるタイミングは合っていたか?
◯手間をかけることより 手間を省いてあげることこそ
 相手の望んでいることではなかったか?


問題を分析し、解決のための最善手をかんがえる。
という姿勢につらぬかれているので、
「男」についてあれこれいわれても、それほど気にはなりません。
分析の目は、読者層である「女」に対してもむけられていますので、
ぼくら男からみると「ほうほうなるほど」という印象。
続刊の予定もあるそうなので、たのしみにまってます。

しかし男って、ガキやねえ…あ、ぼくもだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。