スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本真綾『アイディ。』


アイディ。 (星海社文庫)アイディ。 (星海社文庫)
(2011/08/12)
坂本 真綾

商品詳細を見る

まずはお祝いを。
真綾さん、ご結婚おめでとうございます!

ナタリー2011年8月13日「坂本真綾と鈴村健一が結婚」

何年もまえから、ファンのあいだではうわさになっていたそうですね。
そういう芸能事情には、とんとうといもので。
とにかくめでたい!
かれこれ10年以上おっかけているので、ともだちがとうとう結婚したかのような。

マスコミ発表とほぼ同時に、このエッセイ集が発売になりました。
もとは2005年に少部数出版されたもので、今回あとがきを加筆しての文庫化。
単行本が出た当時、書店をあちこちさがしたんですが、どうしても見つからず。
こうしてふたたび世に出てくれて、またうれしいことです。

内容は、HPに書いた文章や、書きおろしをまとめたもの。
劇団こまどりに所属していた子役時代。
中学〜高校のころのおもいで。
レギュラーのラジオ番組。
これまでに発表したアルバム。

本書の核になっている、と勝手におもっているのが『レ・ミゼラブル』の話。
2003年、ミュージカル『レ・ミゼ』のエポニーヌ役に抜擢され、
帝国劇場の舞台に2ヶ月間立つことになった真綾さん。

自分でオーディションをうけておきながら、
傷つくのがイヤだからと逃げ出したくなったり、
ボイストレーニングをしたことがなく、要求どおりにうたえなくてくるしんだり、
ひとり居残り練習をしたあと、くやしさのあまりとうとう嗚咽してしまったり。

かけだしの新人であるならともかく、
吹替声優としてキャリアがあり、歌手としてヒット曲をもっていて。
はじめての挫折。

この年の冬には、アルバム『少年アリス』を発表しているのですが、
ほれたはれたの歌よりも、現状打破、出口をもとめあがく歌が印象的でした。
いまおもえば、『レ・ミゼ』での挫折〜克服が、おおきく影響していたのですね。

空を見ろ 敗れた靴も夢もそのまま
やせ犬のプライドがあるなら立ち上がれ
前を見ろ 闘え 何度崩れ落ちても
気休めのオアシスに乾きは癒せない

『ソラヲミロ』

まさに、真綾さんが自分じしんにいいきかせていた曲。

疲れきった顔 ひざまくらしてあげる
みんなには内緒にしておいてあげる
ヒーロー 好きなだけ噛みついていいよ

『ヒーロー』

これ、ヘッドホンで聞いて脳髄がとろけそうになったものですが、
つかれていたヒーローは、つまり真綾さんのことだったと。

期待してた答えじゃなくて 裏切られたような気がしたり
優しくないと吐き捨てる 身勝手な自分に見てみぬふりしてたね

『光あれ』

稽古中にくるしむ真綾さんのようすが、目にうかぶようです。

ながい苦行の日々をのりこえ、舞台は大成功。
2005年の段階で、エポニーヌ役を継続して3年目。
そして2009年、出演回数200回をこえ、この年に役を終えます。
ステージに立つことをたのしむまでになっていました。

(p89)
だけど、最初の年の気持ちを絶対に忘れない。
すべてのことは血となり肉となり、私を今まで育ててくれた。
自分の弱さを知って、強さも知った。
どんなことがあっても、あの日々を思えば頑張れる気がする。


舞台公演、アルバムが完成、ライブも成功。
ふっとおもいたって、ロンドンにひとりでホームステイ(このくだりもおもしろい)。
その後、真綾さんはプロデューサー・菅野よう子の庇護をはなれ、
まったくのひとり旅をはじめることを決意します。

大好きな人に囲まれて愛されてきた
かけがえのない ふたつとないこの町を
私は今日出ていきます

『おきてがみ』

最初にこの曲を聞いたときは「?」だったのですが、
そうか、これは真綾さんの独立宣言、ひとり立ち宣言だったのですね。
コンビ解消に賛否両論あったかと記憶していますが、
その後の歌手活動の充実ぶりは、見てのとおりです。
新曲では松任谷由実が作曲だとか。楽しみです。

今後、真綾さんの歌詞も、なにかしらの変化を見せるのでしょうか。
「変わらないために変わりつづける」
真綾さんも、そういう姿勢のひとだとおもっています。

おまけ。
星海社文庫をはじめて買ったのですが、このしおり、いいですね。
あざやかな青に「SEIKAISHA」のロゴ、けっこうすきです。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。