スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TM NETWORK『ORIGINAL SINGLES 1984-1999』


TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999
(2012/05/23)
TM NETWORK

商品詳細を見る

これで何枚目だ!
…というのがもう、TM NETWORKベストのお約束になってきているような。
思春期にであってから、かれこれ20年ちかくFANKSでいるわけですが、
それでも購入していないベストもあるくらいです。

まずは今回のベストについて。
ソニー在籍時(エピック/TRUE KiSS DiSC)発表のシングル曲+CW集。
でもって、TM NETWORK初のブルースペックCD。
さすがに曲数がおおいので、まだ全部はきけていませんが、いい音です。
「あれ、こんな音はいっていたっけ?」という発見もありました。

DISC 1の1曲目が、2枚目のシングル「1974」。
なぜデビュー曲「金曜日のライオン」じゃないの?
これまで何枚もベスト盤をだしてきたソニーが、まちがえるとはおもえません。
この曲からTM NETWORKははじまったのだ、というスタッフの意志表示が、
この曲順にはあるとみました。

カップリング曲も収録、とはいえ、アルバム収録曲がおおいのですが、
「GIRLFRIEND」がはいっているのは、うれしいところ。
キネさんの新録ベスト『キネバラ』曲目アンケートでは4位の曲です。
映画『ぼくらの七日間戦争』でつかわれたこともあって、
まさに青春!な一曲。

シングル・カップリング曲を完全収録しているわけではなくて、
たとえば、シングル「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 2.0) 」は未収録。
カップリング曲、既発表曲のリミックスバージョンは、ほぼ入っていません。
(『DRESS』からのリカット3曲はあります)
そんな3枚組のなか、原曲・1989年版・1999年版の3バージョンがおさめられた、
「Get Wild」がタテ軸になっているという印象です。

さて、過去にでたTM NETWORKベストのかずかずを、ふりかえってみましょう。

『Gift for Fanks』(1987年)
「Get Wild」のヒット後につくられた、初ベスト。
シングル中心の序盤でもりあがり、中盤でキネバラ、「Self Control」でシメ。
ライブの構成のようで、ききやすいながれです。

『TETSUYA KOMURO PRESENTS TMN BLACK』
『TAKASHI UTSUNOMIYA PRESENTS TMN RED』
『NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE』(1994年)
TMN「終了」後に発表。
シングル選集の『BLACK』、ダンス曲の『RED』、バラードの『BLUE』。
先月の武道館ライブ「Incubation Period」での3人の衣装が、
このときのカラーになっていて、ちょっと感動でした。

『TIME CAPSULE』(1996年)
全シングル曲を時系列順に収録した2枚組。
本作の直前に、ウツの「discovery」、キネさんの『REMEMBER ME?』と、
小室さんプロデュース・サポートのソロ作品が発表されており、
さらにここで、プレステソフト用の新曲「Detour」が。
「おお、これは再結成もちかいか!?」とドキドキしたものです。

『STAR BOX TM NETWORK』
『STAR BOX TMN』(1999年)
エピック・ソニー所属のミュージシャン共通の企画盤。
このころから、レコード会社主導のベスト濫発時代にはいっていきます。

『BEST TRACKS〜A message to the next generation〜』(2000年)
前年のTM NETWORK再始動のあとに発表。
10年を1枚にまとめるのはむずかしいなあ。

『The Legend』(2003年)
こちらも『STAR BOX』同様の企画盤。
80年代中心の方針はともかく、曲順がちょっとのりきれない感じ。

『Welcome to the FANKS!』(2004年)
インターネット投票による、リクエストベスト+CW曲+α。
1位は「ELECTRIC PROPHET」。さすがはFANKS。
ほかにも「永遠のパスポート」「雨に誓って」など、コアな選曲。
「TIMEMACHINE」東京ドーム版の収録はありがたかったです。

『THE SINGLES 1』(2008年)
『THE SINGLES 2』(2009年)
全シングル曲+蔵出しライブ音源、初出し別ミックスなど。
『2』の発売は2008年内のはずが、
リーダーの逮捕で翌年になってしまったのが、チトにがいおもいで。

『BEST OF BEST』(2008年)
『SUPER BEST』(2008年)
まったく記憶なし。廉価CDの棚にあったのかなあ?

さすがにこれはだしすぎだよなあ…。
にもかかわらず、しょうこりもなく、今回のベストと同時発売の、
初カラオケ集『BACK TRACKS』も、かってしまいました。
こちらの感想は、いずれツイッターででも。
しかしこれは…ボカロPたちへの「つくってみ?」という挑戦状のような。

はたして、つぎのベストは何年後でしょうか?
イヤ、そのまえにオリジナル・アルバムのブルースペックCD化を!

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。