スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川上弘美『神様2011』


神様 2011神様 2011
(2011/09/21)
川上 弘美

商品詳細を見る

20分とかからずに読みおわりましたが、むねにおもくのしかかります。
なみだをながすような悲劇を書いているわけではありません。
ただ、なんでもない日常がえがかれているだけ。
なのに、「あのこと」の前後で、こうもかわってしまうものなのでしょうか。

さきにいっておくと、じつはこの著者の作品を読んだことがありません。
映画化された作品があるらしいのですが、それも未見で。ファンのかた、すみません。
きょう本屋で、装丁と内容にひとめぼれして、衝動買いしてしまったのです。
(あと、値段がお手ごろだったのもおおきいですが)

本書には、1993年に書かれたデビュー作「神様」と、
『群像』2011年6月号に掲載された「神様2011」の2編が、おさめられています。

三つとなりの部屋にひっこしてきた、くま。
礼儀ただしく、理屈ずき。
そのくまとわたしは、ちかくの川原に散歩にいくことに。
(これ、黒田硫黄にマンガ化させてみたい)

「あのこと」のまえとあとで、日常のえがきかたがどう変化したか。
いくつか引用してみます。
上の文章が1993年バージョン、下が2011年バージョンです。

(p5)
春先に、鴫を見るために、行ったことはあったが、
暑い季節にこうして弁当まで持っていくのは初めてである。

 ↓
(p23)
春先に、鴫を見るために、防護服をつけて行ったことはあったが、
暑い季節にこうしてふつうの服を着て肌を出し、弁当まで持っていくのは、
「あのこと」以来、初めてである。


(p8)
川原までの道は水田に沿っている。
 ↓
(p26)
川原までの道は元水田だった地帯に沿っている。
土壌の汚染のために、ほとんどの水田は掘り返され、
つやつやとした土がもりあがっている。
作業をしている人たちは、この暑いのに防護服に防塵マスク、
腰まである長靴に身をかためている。


(p12)
くまは器用にナイフを使って魚を開くと、
これもかねて用意してあったらしい粗塩をぱっぱと振りかけ、
広げた葉の上に魚を置いた。
「何回か引っくり返せば、帰る頃にはちょうどいい干物になっています」

 ↓
(p31〜32)
くまは器用にナイフを使って魚を開くと、
これもかねて用意してあったらしいペットボトルから水を注ぎ、魚の体表を清めた。
それから粗塩をぱっぱと振りかけ、広げた葉の上に魚を置いた。
「何回か引っくり返せば、帰る頃にはちょうどいい干物になっています。
 その、食べないにしても、記念に形だけでもと思って」


(p15)
「抱擁を交わしていただけますか」(中略)
わたしは承知した。
 ↓
(p35)
「抱擁を交わしていただけますか」(中略)
わたしは承知した。
くまはあまり風呂に入らないはずだから、
たぶん体表の放射線量はいくらか高いだろう。
けれど、この地域に住みつづけることを選んだのだから、
そんなことを気にするつもりなど最初からない。


基本的なストーリーは、なにもかわっていません。
ただ、わたしとくまをとりまく状況がかわっただけ。
それだけで、なぜこれほど読むのがつらくなるのでしょう。
こたえは、いわずもがな。

ほんとうにこわいのは、数年後、何十年後かにえがかれる小説で、
「神様2011」のような光景があたりまえのものになり、
読み手がそれをなんの疑問もなく、しぜんにうけいれてしまうのではないか、
ということです。

そんなバカな、とおもわれるかもしれません。
これだけのことがおきたのに、と。わすれられるわけがない、と。
でも、ひとはわすれるいきものなのです。

アニメ『∀ガンダム』で、地下から核弾頭が発掘されるはなしがありました。
地球人たちは、それがなんなのか、まったく知識をもっていませんでした。
とおいむかし、じぶんたちの祖先がつくりだしたものなのに。
地中にうめ、そのことを「黒歴史」として、集団で意図的にわすれさったのです。

映画『100,000年後の安全』は、フィンランドの放射性廃棄物処分場のはなしです。
地下要塞のような施設に廃棄物があつめられ、一定の量になったら封鎖。
10万年はシステムがもつように設計されているといいます。
ですが、10万年後の人類に、ないしはいきものに、それをどうつたえるのでしょうか。

日常があっさりひっくりかえることの恐怖。
それをやがて、なんともおもわなくなってしまうことの恐怖。
ほんの数ページの短編ですが、それを感じずにいられません。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。