スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小池恵子『おかあさまといっしょ』2巻


おかあさまといっしょ(2) (バンブー・コミックス)おかあさまといっしょ(2) (バンブー・コミックス)
(2010/07/27)
小池 恵子

商品詳細を見る

ひとつ屋根のしたに同居する、嫁と姑(夫は単身赴任)の毎日。
表面上はうまくいっているふたり、そのウラのかおは…。
というさわりだけだと、どこの昼ドラかというはなしですが、基本はギャグ4コマ。

じぶんにはまったく縁のないはなしとして見ていたのですが、
グッとひきよせられたのは、嫁がしごとの同僚の愚痴をきく回でした。
その同僚、同居中の姑とうまくいっていないようで。

(p90)
「こんなことがあって あんなことがあって
 ああされた こうされた
 誰もわかってくれない!!
 私悪くない!! 私かわいそう!!
 私被害者!! 私かわいそう!! かわいそう!!」


あまりおんなのひとから、こうガッツリときかされた経験がないのですが、
どうでしょう、おもいあたるフシがあるかた、いらっしゃいますか?
おそらく、きいているがわが「イヤ、それはこういうことなんじゃ」といっても、
「そんなわけない!それにこんなことも…」と、火に油となることでしょう。

さて、嫁のうまれた家庭もまた、嫁姑のなかがわるく、
母親が「結婚するんじゃなかった」「人生に失敗した」と、
おさないころの嫁に愚痴をこぼし、それがおおきなショックとなっていました。

(p92)
どうやら人間は簡単に不快になる生き物で
それが人生に不満だらけならなおのこと

私は嘘をたくさんついた
たぶん喜ばせたかったんだと思う 子供の浅知恵だ

愚痴は止まない 何年も何年も
…聞き飽きた 顔色うかがうのも もーどーでもいーや!

「昔はいい子だったのに!!
 あんたが悪いと みんなが私のせいにするのに!!」
「…うるさいなあ
 あんたのいうみんなって…おばあちゃんとお父さんだけでしょ?」


じぶんがいきる世界にいるのが、姑と夫だけ。
ちがうかんがえをもつ他者が介在しないと、思考はどんどんとじていくばかり。
母のすがたを見て、ああはならないようにとおもっていたはずの嫁ですが、
かのじょもまた「母そっくりな大人」になっていたとふりかえります。
(ちなみにp92のネタのタイトル、「人を喜ばせるより傷付ける方が簡単」…)

(p93)
優しくされると どうしていいかわからない
人との付き合い方がわからない
あんな「家」で育ったから
傷付ける言葉なら いっぱい知ってるのに
私のせいじゃない 悪くない 私は被害者!!
何でもすぐ「家」のせいにする 加害者のくせに
言いわけまみれの不安定
いつまでこんな事続けるんだろう

私どうしたいんだろう

「落ちついた?
 今すぐはまとまらなくても 自分がどうしたいか考えてみるといいよ」


嫁のまえで愚痴をこぼす同僚は、かつての嫁じしんのすがたでもありました。
「あのひとがこういうから」でなく、じぶんの意思で行動すること。
それならなにがあっても、ひとをおいつめず、攻撃せずに生きていける。

のちに嫁(どS)は、夫(どM)とであい、こころの安定をえることができました。
その夫の母親、つまり姑ですが、かのじょのほうも、
友人からの愚痴にためいきをつくことがおおくあるようです。

(p69)
長い長い家族への不満
友達にも事情がある
でも いつも暗い愚痴ばかり
ほどほどなら付き合えるけど


(p81)
「…あまり楽しくなかったわ(同窓会からのかえり)
 家庭の愚痴大会みたいだった
 もっと思い出話がしたかったわ
 声の大きな人が目立って 話題が片寄ったんでしょうけど
 …悪口ばかりは…醜いわねえ…」


たまには酒の席などで、愚痴をこぼすのもわるくはないでしょうが、
四六時中それをくりかえされると、きくほうにも、はなしているほうにも、
じわじわとこころに影響がでてくるものです。
だからといって、なんでもかんでもなにがなんでもポジティブ思考だと、
映画『アメリカン・ビューティー』のように、いつか破綻をきたします。

うまくバランスをとること、なのでしょうね。
じぶんにとってのつっかい棒のようなものを、なにか見つけておけば。
嫁と夫の場合、おたがいがおたがいのつっかい棒に、うまくなっているみたい。
(あの夫のM気質には、とうてい到達できませんが…)

嘘も願望も 自分名義がいいよ
この嫁のことば、いまならわかります。
倚りかからず、じぶんの意思で立つこと。
いざというとき、だれかのささえになれるように。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。