スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河名秀郎『ほんとの野菜は緑が薄い』


ほんとの野菜は緑が薄い (日経プレミアシリーズ)ほんとの野菜は緑が薄い (日経プレミアシリーズ)
(2010/07/09)
河名 秀郎

商品詳細を見る

本書の主旨は、農薬や肥料をつかわない「自然栽培野菜」についてですが、
いまぼくがよみかえしたのは、さいごの第7章「野菜に学ぶ、くらしかた」です。
先日かいたように、ちょっと体調をくずしたこともあって、
じぶんにとって「健康にくらす」というのはどういうことか、とふとおもって。

ひとそれぞれ、環境も体質もちがうのに、
なんでもかんでも、あれがいい、これがきく、というのが、万人に通じるのか、と。
あるていど、これだけはやっとかないと、というのはあるでしょうが、
必要とされる数値にあわせていく、というやりかたでいいのかどうか。

そのあたりのヒントをもとめて、よみかえしてみましたが、なるほどおもしろい。
文中のキーワードをつかいながら、どうくらせばいいかの主張をまとめてみます。

◯ 野菜と人は同じ、と考えてみる

著者がこの章をかくにあたって、
ホスメック・クリニック院長の三好基晴氏の影響をうけているといいます。

三好医師は、生活習慣病が専門で、
アトピー、化学物質過敏症、シックハウス症などアレルギー患者を中心に診察。
クスリをださない。検査もしない。
患者の生活習慣をじっくりきき、原因を解決するための改善点を指摘するやりかた。

野菜に農薬も肥料もつかわないように、人体にもクスリをつかわない。
では、具体的にどうすればいいのか。

◯ 添加物や化学的なものをできるだけからだに入れない

不自然なものをからだにいれない、ということ。
たべる野菜は、無農薬、無肥料、つかってもできるだけ植物性の肥料のもの。
クスリ、サプリメント、健康食品はさけて、
自然に即したエネルギーのある食事を「おいしいなあ」とたべる。

◯ 体内に溜まった毒を出すこと

たまった血液、リンパ液をながす。
あせ、排泄物などで、体内の毒をだす。
病気になったら、その原因を体外に排出する。

◯ 風邪をひいて発熱することが、実は、万病の予防につながる

熱は、体内にはいってきたかぜのウイルスをころそうとする作用。
せきやはなみずは、体内にたまった老廃物や毒素をそとにだそうとする、おおそうじ。
食欲がなくなるのは、たべなくていいから。
からだがだるいのは、うごいてはいけないから。

かぜをひいたら、クスリをのまず、なにもしないのがいちばんの治療法。
同様に、ケガをしたときは、ドロや血をあらい、包帯をまくだけ。
キズの部分のぐじゅぐじゅが、雑菌からからだをまもり、皮膚をもとにもどす。
(このことは、夏井睦『傷はぜったい消毒するな』がくわしいです)

◯ クスリを心の拠りどころにはしない

「かぜに抗生物質はきかない」
「インフルエンザの予防接種には意味がない」
病気になってから治療にカネをつかうのではなく、
すこしたかくても良質なものをたべて、病気にならないからだをつくる。

◯ 栄養素という概念をとりあえず捨てる

ビタミン不足は、ふだんの生活での野菜不足、じぶんの不摂生が原因。
サプリメントなど、その場しのぎに対処するのでなく、本来の野菜・コメをたべる。
農薬が、野菜の病気や虫、土に対して、根本的な解決にならないように。

◯ イヤだと思うものに、あえて感謝の気持ちを持ってみる

じぶんにとって不都合なもの、イヤな存在にも、意味がある。
原因があるから、結果がうまれる。

(p188〜189)
自然界は全ての存在に役割があります。
そして、どんなにボタンを掛けちがえてしまっても、
その存在の全てが働き、必ずもとに戻していきます。
どんなに時間がかかったとしても、必ずもとに戻るー。
だからそもそも、善いも悪いも、そういった価値観自体が存在しない。
否定のない世界です。
人も、そのように生きることは不可能ではないと僕は思っています。


自然のものであれば、というのが、ひとつのポイントではありますね。
自然でないものは、もとにもどるのはむずかしい、と。
いまなお、自然でないものが、あちこちにふりそそいでいますが…。

不自然な生活をしておいて、あとになってドロナワ式になんとかするのでなく、
さきに自然な生活にきりかえておくこと。
急にはきりかえられないでしょうが、できることからちょっとずつなら。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。